クロムハーツのイブシについて


☆★☆――――――――――――――――――

~2,621件のカスタム実績~

クロムハーツの修理&カスタム情報

―――――――――――――――― 第12号

いつもありがとうございます。
発行人のクロムカスタム工房代表 石津雅之です。

最近、クロムハーツ眼鏡のお問合せが増えています。

もちろんクロムカスタム工房では、メガネの修理&ダイヤカスタム
も対応いたします。

アクセ以外のアイテムも、ぜひご相談ください。
─────────────────────────────────
【今週の目次】

1. クロムハーツのイブシについて
2. ホームページ更新情報

クロムカスタム工房 HP

クロムカスタム工房 Facebook

クロムカスタム工房 Instagram

─────────────────────────────────

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. クロムハーツのイブシについて

「シルバーアクセのイブシ(燻し)について知りたい」
と、お客様からご要望をいただきました。
そのリクエストにお応えして、今週はイブシ加工についてご説明します。

まず始めに、そもそも「イブシ」とは何か?
皆様ご存じでしょうか?

シルバーは、空気中に存在する微量の硫化水素と反応して「硫化」します。
その硫化して出来た「硫化銀」こそが、あの黒色の正体です。
この化学反応のことをイブシと呼んでいるのです。

お客様から、次のようなご相談をよく頂きます。

「シルバーアクセが黒くなりすぎたため、
液に浸すタイプのクリーナーに入れたところ、
イブシが全て取れてしまった。
真っ白になってクロムハーツらしくなくなったので、
買ったときと同じ状態に近づけたい。」

(※シルバー製のクロムハーツは、新品でも凹んだ部分は
黒くイブされています。)

このような場合は、イブシ液を使って再びイブシ加工を施します。
通常は、イブシ液を入れた容器にアクセを浸して全体にイブシを入れ、
その後シルバー色を出したい部分を磨きます。

反対に、「イブしたい部分だけにイブシ液を塗って黒くする」方法もあり、
そちらの方が簡単です。
そのお手軽な方法を少しご紹介します。

≪必要な道具≫
・銀黒 (一般の方にも扱いやすい、お手軽イブシ液です)
・グラノール(金属磨き)
・綿棒
・ドライヤー
・ティッシュペーパー

≪手順≫
1.綿棒に銀黒をつけてシルバーアクセの黒くしたい部分に塗ります。
2.水洗いをして銀黒を洗い流します。
3. ドライヤーで乾かします。
4. ティッシュペーパーにグラノールをつけて余分に黒くなった部分を
磨いて完成です。

道具は大手のクラフト材料店などで購入できます。
ご興味のある方は一度チャレンジしてみてください。

もし「思ったようなイメージに仕上がらなかった…」ということがあれば、
いつでもクロムカスタム工房までご相談ください!

やはり、程よくイブシが入ったシルバー製のクロムハーツは味があります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2. ホームページ更新情報

KTリング1ダイヤカスタム

ダガーハートリング ルビーパヴェカスタム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■編集後記
______________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これから「クロムハーツの修理&カスタム情報」では、
皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見など、お気軽にご連絡ください。
では、また来週お会いしましょう!!(石津 雅之)

クロムカスタム工房株式会社
代表取締役 石津雅之 (info@kuromu.com)
◆一級貴金属装身具製作技能士◆
◆GIA GG(米国宝石学会宝石鑑定士)◆
545-0005大阪府大阪市阿倍野区三明町1-8-2
(TEL) 0120-958-966
______________________

メールマガジン「クロムハーツの修理&カスタム情報」

☆発行責任者:石津雅之
☆公式サイト http://www.kuromu.com/
クロムハーツのブログ
クロムハーツ修理ブログ
☆バックナンバー http://goo.gl/sthVxi
☆メールマガジンの登録、解除 http://www.kuromu.com/blog/archives/7098
☆お問い合わせ info@kuromu.com