クロムハーツの下穴の話【クロムハーツの修理&カスタム情報】


クロムハーツの下穴の話

ほとんどの宝石が入ったジュエリーには、下穴が貫通しております。

 

下穴とは、セットされた宝石の下方の貴金属部分に開けられた穴のことです。

なぜ穴を開けるのかというと、光を取り込み、宝石をより輝かせるためです。

 

ところが、クロムハーツのジュエリーには、ほとんど下穴がありません。

(唯一「KTリング」は例外で、穴が開いています。)

 

その理由を考えてみました。

 

・クロムハーツのアクセサリーは、宝石が入っている箇所の裏面に文字やモチーフを彫ってあることが多いため。

 

・穴を貫通させると全体的に強度が下がるため。

 

この様なところでしょうか。

やはりデザイン上の理由が大きいのかもしれません。

 

ここまでお読みになり、少し不安に思われた方もご安心ください。

高品質の宝石であれば、下穴が無くとも十分に輝きを放ちます。

 

クロムカスタム工房では、ダイヤモンドは以下の3タイプをご用意できます。

正規品クラス(VSクラリティ)

中級クラス(SIクラリティ)

一般クラス(Iクラリティ)

 

SIクラリティやIクラリティも、それぞれに美しいものです。

各クラスの、確かな品質のものを私石津が確かな眼でお選び致します。

 

ただやはり、下穴の無いアイテムには特に、グレードの高い宝石のカスタムをおすすめします。

 

いつでもお気軽にご相談ください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  1. ホームページ更新情報

 

ドッグタグ、タイニー、メイプルソープwithパヴェダイヤ

 

ピンバッチにダイヤをカスタムしました。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■編集後記

______________________

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これから「クロムハーツの修理&カスタム情報」では、

皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見など、お気軽にご連絡ください。

では、また来週お会いしましょう!!(石津 雅之)

 

クロムカスタム工房株式会社

代表取締役 石津雅之 (info@kuromu.com)

◆一級貴金属装身具製作技能士◆

◆GIA GG(米国宝石学会宝石鑑定士)◆

546-0041大阪府大阪市東住吉区桑津5-14-1

(TEL) 0120-958-966

______________________

 

メールマガジン「クロムハーツの修理&カスタム情報」

 

☆発行責任者:石津雅之

☆公式サイト http://www.kuromu.com/

クロムハーツのブログ

クロムハーツ修理ブログ

☆バックナンバー http://goo.gl/sthVxi

☆メールマガジンの登録、解除 http://www.kuromu.com/blog/archives/7098

☆お問い合わせ info@kuromu.com