彫金のタガネの話【クロムハーツの修理&カスタム情報】


彫金のタガネの話

クロムカスタム工房では、日本古来の技法である和彫りで
アクセサリーに宝石をカスタムしております。

この和彫りには、ある特徴があります。

彫りに用いるタガネの刃先に光沢があると、彫った部分にも光沢が出るのです。

反対にタガネの先端部分に光沢がないと、彫った部分も光沢がありません。
曇った彫り跡になってしまうのです。

※タガネ(鏨)は、鋼で作った棒状の工具のことです。
主に、先端を尖らせて木工のノミのような使い方をします。
貴金属などに彫りを入れる技法に使用されます。

おそらくは刃先の地金に面した部分が「磨きヘラ」の役割をして、
光沢が出るのだろうと思われます。

つまり、タガネをベストな状態に保つことが一番なのです。
タガネを研ぐのは、技術を必要とする大変な作業です。

やはり職人は道具が命。
彫り跡が輝いているのは、一流の彫金師の証です。

私石津も職人として駆け出しの頃は、美しい彫りのため試行錯誤の連続でした。

今は、そうして培った技術を全てクロムハーツに捧げています。

ちなみにシルバーアクセの場合、イブシを入れて黒くすると、
ご説明したような彫り跡の違いはハッキリ見えなくなります。

しかし、よく見れば全体が美しい仕上がりとなっているのです。
見る目のある方には、きっとお分かり頂けると思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2. ホームページ更新情報

ベイビークラシックダガーリング、サファイヤカスタム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■編集後記
______________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これから「クロムハーツの修理&カスタム情報」では、
皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見など、お気軽にご連絡ください。
では、また来週お会いしましょう!!(石津 雅之)

クロムカスタム工房株式会社
代表取締役 石津雅之 (info@kuromu.com)
◆一級貴金属装身具製作技能士◆
◆GIA GG(米国宝石学会宝石鑑定士)◆
545-0005大阪府大阪市阿倍野区三明町1-8-2
(TEL) 0120-958-966
______________________

メールマガジン「クロムハーツの修理&カスタム情報」

☆発行責任者:石津雅之
☆公式サイト http://www.kuromu.com/
クロムハーツのブログ
クロムハーツ修理ブログ
☆バックナンバー http://goo.gl/sthVxi
☆メールマガジンの登録、解除 http://www.kuromu.com/blog/archives/7098
☆お問い合わせ info@kuromu.com