彫金の和彫りと洋彫り

彫金(ちょうきん)とは、タガネ(鋼で作った棒状の工具のこと)を
用いて金属に文様や文字などを彫ることをいいます。

彫金と一口に言っても、日本古来の技法による和彫りと、
西欧の伝統的な技法による洋彫りがあります。

和彫りの特徴は、タガネを金槌で叩きながら手前に彫り進めることです。
勢いのある線が深く彫れて迫力が出せます。
草花や動物(龍などの架空の動物も含む)の絵柄をリアルに表現できます。

一方、洋彫りは、柄付きタガネで前に彫り進めます。
比較的シンプルで線的な表現が多く、繊細で細かい模様が彫れます。

彫金は、タガネの製作と手入れ(研ぎ)が大変です。
しかし、マスターすると自由自在に彫刻することができるので、
のめり込む方もいらっしゃるようです。

以前、彫金の職人さんと雑談していたら
『ジュエリーのデザイン画は描けないけど彫ることならできる。』
と断言されていました。

私石津もジュエリーのデザイン画は描けませんが、
ジュエリーの実物を作ることはできるので、意味が良く分かりました。

クロムカスタム工房では、もっぱら和彫りで宝石のカスタムと文字彫りをしております。
モチーフや模様を彫刻することもできますので、ご興味がございましたらご相談ください。

参考文献:「ジュエリー用語辞典」社団法人日本ジュエリー協会

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2. ホームページ更新情報

22Kカットアウトクロスドッグタグ(タイニー)パヴェダイヤの新品仕上げ

22Kバングルの文字彫刻とダイヤカスタム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■編集後記
______________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これから「クロムハーツの修理&カスタム情報」では、
皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見など、お気軽にご連絡ください。
では、また来週お会いしましょう!!(石津 雅之)

クロムカスタム工房株式会社
代表取締役 石津雅之 (info@kuromu.com)
◆一級貴金属装身具製作技能士◆
◆GIA GG(米国宝石学会宝石鑑定士)◆
545-0005大阪府大阪市阿倍野区三明町1-8-2
(TEL) 0120-958-966
______________________

メールマガジン「クロムハーツの修理&カスタム情報」

☆発行責任者:石津雅之
☆公式サイト https://www.kuromu.com/
クロムハーツのブログ
クロムハーツ修理ブログ
☆バックナンバー http://goo.gl/sthVxi
☆メールマガジンの登録、解除 https://www.kuromu.com/blog/archives/7098
☆お問い合わせ info@kuromu.com