NTFLリングの一方にクリアーダイヤを一周、もう片方をブラックダイヤを一周パヴェカスタムしました。
NTFLリングの一方にクリアーダイヤを一周、もう片方をブラックダイヤを一周パヴェカスタムしました。
カスタム前のNTFLリング
カスタム前のNTFLリング
まずクリアーダイヤパヴェから、彫刻台にセットします。
まずクリアーダイヤパヴェから、彫刻台にセットします。
ダイヤの直径より小さいドリルで、下穴を開けます
ダイヤの直径より小さいドリルで、下穴を開けます
その後、ダイヤと同じ直径のドリルで、深さが均等になるように削っていきます。
その後、ダイヤと同じ直径のドリルで、深さが均等になるように削っていきます。
一周すべて同じ方法で穴を開けていきます。
一周すべて同じ方法で穴を開けていきます。
両端のラインを毛彫りタガネで彫り、爪になる部分を彫っておきます。
両端のラインを毛彫りタガネで彫り、爪になる部分を彫っておきます。
ダイヤをのせて、タガネで爪を彫り起こし、ナナコタガネで丸めます。
ダイヤをのせて、タガネで爪を彫り起こし、ナナコタガネで丸めます。
完成しました、あとはイブシを入れて完成です。
完成しました、あとはイブシを入れて完成です。
続きまして、ブラックダイヤのカスタムです。 穴の中央部分になる場所を、先端の尖った鋼で、印を付けます。(ケガクと業界では言います)
続きまして、ブラックダイヤのカスタムです。
穴の中央部分になる場所を、先端の尖った鋼で、印を付けます。(ケガクと業界では言います)
下穴を開けて、ブラックダイヤと同じ直径のドリルで同じ深さに削ります。
下穴を開けて、ブラックダイヤと同じ直径のドリルで同じ深さに削ります。
ブラックダイヤをセットして、タガネで爪を彫り起こしナナコタガネで丸めます。
ブラックダイヤをセットして、タガネで爪を彫り起こしナナコタガネで丸めます。
完成しました、ブラックダイヤはイブシを入れないほうが、カッコイイのでこのままです。
完成しました、ブラックダイヤはイブシを入れないほうが、カッコイイのでこのままです。

ダイヤモンドとブラックダイヤを証明する宝石鑑別書です。
ダイヤモンドとブラックダイヤを証明する宝石鑑別書です。

かかった費用(カスタムの場合)
クリアーダイヤモンドメレー×31ピース 0.51カラット
(一般クラスIクラリティのダイヤモンドを使用)
ブラックダイヤモンド×33ピース 0.56カラット
(ブラックダイヤモンドは1グレードのみの取扱いです。)
&セッティング代
文字彫り代(1文字2千円×8【税別】)
宝石鑑別書取得費用


総額 21万6千円【税別】

新品製作をご希望の場合、別途NTFLリング代がかかります。
詳しくは、新品製作をご覧ください。

 

phone