ダイヤモンドの強度について【クロムハーツの修理&カスタム情報】


ダイヤモンドの強度について

ダイヤモンドは、地球上に存在する天然石のうち最も硬いことで有名です。
しかし、ダイヤモンドでも割れることはあります。

鉱物の摩擦やひっかき傷に対する強さは「モース硬度」という尺度を使います。
モース硬度は1822年、ドイツ人鉱物学者フリードリヒ・モースが考案しました。
10種の鉱物を硬さ順にランク付けし、数値を設定したのです。
モース硬度に関しては、ダイヤモンドは最高クラスの10です。

しかし割れや欠けに対する抵抗力「靭性」は、ルビーより小さいのです。

つまり、瞬時に与えられる力に対してはあまり強くないのです。
ハンマーでダイヤモンドを上から叩けば割れてしまいます。

実は、ダイヤモンドをアクセサリーにカスタムする際にも割れることがあります。

そのため、石を割らないよう細心の注意を払いながら爪を固定します。

ただ、しっかり留めないと、後で爪が緩んでダイヤが外れる原因になります。

ですから、ダイヤモンドを固定する際は、
石が割れる寸前まで手に力を込めてナナコタガネで爪を丸めます。

この力加減だけは、数値や言葉で表現することはできません。
長年経験を積んだ職人だけが、体得しているものです。

参考文献:
「ダイヤモンドエッセンシャル/ダイヤモンドとダイヤモンドの価値」
G.I.A. 公式テキスト

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2. ホームページ更新情報

クロムハーツ、ペーパーチェーンネックレスの修理

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■編集後記
______________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これから「クロムハーツの修理&カスタム情報」では、
皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見など、お気軽にご連絡ください。
では、また来週お会いしましょう!!(石津 雅之)

クロムカスタム工房株式会社
代表取締役 石津雅之 (info@kuromu.com)
◆一級貴金属装身具製作技能士◆
◆GIA GG(米国宝石学会宝石鑑定士)◆
545-0005大阪府大阪市阿倍野区三明町1-8-2
(TEL) 0120-958-966
______________________

メールマガジン「クロムハーツの修理&カスタム情報」

☆発行責任者:石津雅之
☆公式サイト http://www.kuromu.com/
クロムハーツのブログ
クロムハーツ修理ブログ
☆バックナンバー http://goo.gl/sthVxi
☆メールマガジンの登録、解除 http://www.kuromu.com/blog/archives/7098
☆お問い合わせ info@kuromu.com