アーニーリスターというインディアンジュエリー
のサイズ直しを依頼されました。

均等に隙間があるデザインです。
均等に隙間があるデザインです。

預かってみたら、明らかに一点物の手作りシルバージュエリーです。
一つ一つ丁寧に製作されているのがよくわかります。

裏側にはロウ付けの跡があります。
裏側にはロウ付けの跡があります。

手作りのジュエリーは、クロムハーツのような鋳造品では無く
シルバーの塊を加工してパーツを作り
ロウ付けで接合して作っていきます。

黒色の柄は、スタンプワークと言い、タガネを金槌で叩いて付けています。

価格は、180,000円です。。手作りで作ると、これくらいの値段になります。

 

このようなジュエリーを何も考えずにサイズ直しするとエライことになります。

ロウ付けの時に製作時のロウが溶けてバラバラになってしまうことがあります。

 

私は、修行時代に経験しているので、そんなヘマはやりません。

22号を25号にする予定でした。

糸ノコで切断して、3mm拡げます。
糸ノコで切断して、3mm拡げます。

1号は約1mmなので、3号大きくするので3mm拡げます。

この状態で、お客様にサイズを確認していただきました。

ピッタリだったので、この状態で進めます。

この隙間に、シルバーを差し込んでロウ付けします。

お客様から、元のシルバーの凸凹の風合いを残してほしい

とのご要望だったので、同じような感じに加工して
緩めに磨いておきました。

サイズ直し後
サイズ直し後

リピーターのお客様で、インディアンジュエリーの修理だけ

持ってこられます。

クロムカスタム工房では、クロムハーツのカスタムと修理が専門ですが

昔は、ジュエリーを作ってたので、ジュエリーの修理はもちろん
宝石のカスタムもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

クロムカスタム工房株式会社 
代表  石津 雅之(info@kuromu.com)
546-0041 大阪府大阪市東住吉区桑津5丁目14-1
(TEL) 0120-958-966
クロムハーツのブログ
クロムハーツ修理ブログ
メールマガジン、バックナンバー https://goo.gl/MMRTE1
メールマガジンの登録、解除 https://www.kuromu.com/blog/archives/7098